肌のエイジングケアの大敵である乾燥

金曜日 , 19, 1月 2018 Leave a comment

真夏のエアコンや冬の外気はもちろん、季節の変わり目にはことさら注意しなければなりません。

目の周りの皮膚は引っ張ってもわかるとおりとても薄いのでシワやシミが出やすく、最近では目の周囲の炎症が悪化して眼科を受診する人も増えています。乾燥防止の目薬を使っている人もいるようですが、肌にも潤いを与えてあげてください。

目の周囲には通常のお手入れのほかオイル(脂質)を使うと効果的です。オイルにも種類がありますので、そのときのコンディションによって使い分けると良いでしょう。

最近、愛煙家が肩身の狭い思いをするほど、沢山の人が禁煙に励むようになってきていますが、タバコを止めることは、お肌にも非常に好影響を与えることになります。さて一服、なんてしているまさにその時に、肌を綺麗に健康的に保つのに欠くことのできないビタミンCを、たくさん使ってしまうという事実があります。

つまるところ、タバコを吸う行為は、シミなどに代表されるお肌の不調の引き金になってしまうという訳です。禁煙したらお肌のコンディションが好調になるというのはたくさんの人が身にしみて感じている紛れも無い事実なのです。

日々の保湿ケアで、肌の潤いが保たれていれば、シミの元になるメラニン色素も増えにくくなります。水分が逃げない、うるおいのあるお肌は水分と油分は最適のバランスで保たれていて、きめ細かい肌になっています。

保湿は肌のバリア機能を高めるため、紫外線で肌全体がダメージを受けるのを抑えているので、乾燥している肌に比べてシミもできにくくなります。保湿は欠かさず、乾燥を避けるように注意してお手入れしてください。

どんな方であっても、スキンケア化粧品を選ぶ際に気をつけることは、肌に刺激を与えるような成分をあまり含まれていないということが大変重要です。保存料のようなものは刺激が強いのでかゆみや赤みをもたらすことがあり、どのようなものが使われているのか、しっかり確認することが大切です。

また、CMや口コミに飛びつかず自分に合ったものを選ぶことが大切です。素肌に年齢を感じるのって何歳ぐらいだと思いますか。

私は40歳より少し前だと思います。色や髪型を変えなきゃいけないような気がしたり、みんななんとなくわかっているはずです。

眠っても疲れがとれないようになってきて、口元がさがってきたり、フェイスラインがくずれたりして肌の「疲れ」がくっきり際立って見えるからではないでしょうか。若いときなら疲労が顔に出ていても、リフレッシュをかねた潤いケアをすれば、しゃきっと元気になりました。

しかしこの年齢になるとなかなか回復せず、復活がダメだった!という、ひたすらブルーな朝も多いのです。抜本的な解決策が必要ですよね。

http://hyalodeep.xyz/

 

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です